有松絞りの浴衣。

有松絞りの浴衣と西村織物の帯。

 僕がちょっと外出して店に戻ると、数年前から浴衣のご相談を頂いていたお客様が御来店。
 写真の有松絞りの一枚に絞られていました。帯も。僕が参戦したのは蜻蛉玉三分紐の組み合わせ。夏の終わりに開催されるマルシェにお手伝いで参加されるのに浴衣をお召しになるのだとか。嬉しい!同席のお母様から下駄のプレゼント付き。
 さて、本日は唐津の夏の風物詩として50年も続いていた、〜まつらの里の夕涼み〜からつ土曜夜市の最終日。最終日というのは本当の本当の最終日で、3年ぶりに開催されて先週に引き続き商店街一帯は大賑わいで、弊社も浴衣の着付に手ぬぐいや浴衣などおかげさまでたくさんのお買い上げも頂いたのですが、からつ土曜夜市は今年が最後。弊社の軒下に出店していたかき氷やさんも、すぐそばに出店されていた地酒太閤さんも、となりのツルヤさんも行列ができるほどの大繁盛。そのほか露店でも「予想以上のお客様で、途中で材料が底をついてしまって残念でした」なんてお声まで。僕が生まれる前から続いていた夜市は、夏休みの子どもからご家族まで楽しみにされていた方も少なくないはず。こんな大変な最中に開催に御尽力をされた実行委員会のみなさまには敬意と感謝を表すばかりですが、こんなに商店街が大賑わいでお買い上げもジャンジャンバリバリな中でやめてしまうのは本当に勿体ないですね。きっと新たに実行委員会が立ち上がってみなさまと再会できることを祈って望んで信じています。その時は僕も弊社も協力を惜しみません!
 今日は男性2名様、女性9名様の合計11名様の着付のお手伝いに、先日の浴衣レッスンを受講してくれた中学生ふたりが自分で浴衣を着て見せに来てくれました(涙)。もちろん軒下に出店したかき氷屋さんのふたりも浴衣姿でっす。ほかにも浴衣姿や甚兵衛姿が商店街を練り歩かれていました。からつ土曜夜市、バンザイ!

着付をお手伝いした仲良し姉妹。団扇も素敵!
着付をお手伝いした仲良し姉妹。団扇も素敵!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください