黒紋付羽織袴コースを修了!

黒紋付羽織袴コース修了!

 本日は朝一番に若女将着付レッスン、夕方閉店間際に若女将半衿付けレッスン、そして若旦那着付レッスンでした。
 朝一番は毎週末に定期受講されている優等生。で母の体の毛細血管までご存知の担当医の先生。ご自宅での予習に没頭されてしまい、いつもより1時間ほど遅れての始まり。御来店時に入り口の逆光に映されたシルエットに着実な進歩の跡が見えました。ちょうど1度脱がれてきものをお召しになったところで2階に上がって拝見しましたが、お端折りがきれいに始末されていてこれまた進歩の跡を拝見し「おぉぉぉ、きれいじゃないですか!!!」とつい口が走ってしまうと、「いやいやここまではいいんですよ、ここから帯結びとそれに伴う着崩れがまだまだなんです」と自己分析もさすが。けど修了証書はまだ差し上げません。「いってきま〜す!」とお茶のお稽古に出掛けられました。
 夕方、以前お会いした時よりもふんわりと春うららなヘアスタイルで御来店は、長襦袢の半衿付けレッスン来られた高校の先生。高校生の頃に黒板を見ていた側と黒板を背にする側と入れ替わった若女将が、半衿の縫い付け方のコツをお話しいたしました。と同時に、卒業式にお召しになるために先日数年ぶりにレッスンを受講された日本史の先生。ひとまず何も申し上げずに着てもらったのですが、ほぼ完璧。しっかり復習されていたことが分かる着姿に、嬉しさが溢れて目頭が熱くなってしまいました。最初に少しだけ手直しをした後に4回ほど繰り返されたら、3回目で修了証書をあげようとしたその時!「もう1回お願いします」と渾身の4回目も3回目とまったく同じ着姿。最後に畳み方をもう一度復習して、卒業式を控える子供たちの前に修了証書を授与。2階から降りて来られると、半衿付けレッスンを終えた先生から「私も高校教師です。ブログで拝見しました!頑張ってください!」との応援メッセージ付き。
 「次回はクリーニングに持ってきまーす!」の背中には『自己韜晦』と書いてありました。

《令和3年》
きもので過ごす365人を応援宣言!
−−−−−−−−−−−−−−−−
2月の実績 8名様
着付サービス2名様(男0女2)
着付レッスン5名様(男2女3)
半衿付けレッスン1名様(男0女1)
−−−−−−−−−−−−−−−−
2/1 0名様(着0名様:レ0名様)
2/3 1名様(着1名様:レ0名様)
2/4 0名様(着0名様:レ0名様)
2/5 0名様(着0名様:レ0名様)
2/6 0名様(着0名様:レ0名様)
2/7 1名様(着0名様:レ1名様)
2/8 0名様(着0名様:レ0名様)
2/9 0名様(着0名様:レ0名様)
2/10 0名様(着0名様:レ0名様)
2/11 0名様(着0名様:レ0名様)
2/12 0名様(着0名様:レ0名様)
2/13 0名様(着0名様:レ0名様)
2/14 1名様(着0名様:レ1名様)
2/15 0名様(着0名様:レ0名様)
2/17 0名様(着0名様:レ0名様)
2/18 0名様(着0名様:レ0名様)
2/19 1名様(着1名様:レ0名様)
2/20 0名様(着0名様:レ0名様)
2/21 0名様(着0名様:レ0名様)
2/22 1名様(着0名様:レ1名様)
2/23 0名様(着0名様:レ0名様)
2/24 0名様(着0名様:レ0名様)
2/25 0名様(着0名様:レ0名様)
2/26 0名様(着0名様:レ0名様)
2/27 3名様(着0名様:レ3名様)

−−−−−−−−−−−−−−−−
1月の実績 38名様
着付サービス34名様(男4女30)
着付レッスン4名様(男0女4)
−−−−−−−−−−−−−−−−

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください