案ずるより揃えるが易し。

ルービックキューブ

 定休日の昨日、三女がおじいちゃん(社長)から駄菓子屋さんで買ってもらったのに放置ししたままのルービックキューブを手にしました。
 子供の頃から馴染みのあるルービックキューブですが、一面は何とか揃えることができても、これまで一度として揃えたことがありません。道半ばで諦め続けた過去。なんかこう、勉強も部活も商いも何でもかんでも、本質を理解せずに自身の勘だけを頼りにのらりくらりと生き抜いてきた半生と重なってしまいます(苦笑)。
 そこで、どこにも出掛けられない定休日を利用して、どっしりと腰を据えて真剣にルービックキューブと向き合ってみました。昨今はyoutube先生というのがいらっしゃるので、わざわざ本を買ったり他人に請うこともなく気軽にお勉強できますからね。今回僕は、ヤミさんという方が投稿されている『YAMI CUBES』という番組を参考にしました。8回に分けて丁寧に解説されていて分かりやすいのですが、ただ揃えばいいというものでもありません。やはり仕組み(本質)を理解しないと、なんでもうまくいきませんから。な〜んちゃって。
 まず忘れちゃいけないのは、当たり前ですが各面にある真ん中のキューブの色は絶対に変わらないこと。そして揃えて行く道のりは簡単に言うとこうです。
・白で十字をつくる
・白を下にして下段を揃えつつ、白を1面揃える。
・白を下にしたまま中段の列を揃える。
・黄色で十字をつくる
・黄色を揃える
・側面の4色を揃える
 この道のりには、①仕組み(本質)②数種類の回し方(法則)という2つを忠実に守って行くことがとにかく重要です。逆にいうと、ちょっと背伸びしてこの2つさえできれば誰だって揃えられることがよく分かりました。小さな小さな目標ですが、子供の頃から諦め続けていたことができるようになった達成感は他とは異なって大きい。速さだったり他人に教えたり、応用した揃え方はこれから。中国は武漢に始まった新型コロナウィルスの影響で大変は時ですが、この小さく自分のためのものから、もっと大きなお客様のための生産者のための自分のための達成感を味わえるように、あれこれ考えるよりもまずは行動を起こしていきます!
 というきっかけにルービックキューブはいかがですか?

追伸
ちなみにルービックキューブはハンガリーの建築学者ルビク・エルネーが考案した立体パズル。海外ではルービックキューブ愛好家をキューバーと呼んでいるらしく、いよいよ僕もユーキューバーの仲間入りか。

◉YAMI CUBE CHANNEL
https://www.youtube.com/channel/UCMj3EYCrIgLipiPseapE-yg

もういつでもどこでも揃えられます。

−−−−−−−−−−−−−−−−
○5月のきもの成績
若女将12vs12若旦那
−−−−−−−−−−−−−−−−
○4月/27vs28!
−−−−−−−−−−−−−−−−
△3月/29vs29
−−−−−−−−−−−−−−−−
◉2月/27vs26
−−−−−−−−−−−−−−−−
◉1月/27vs11
−−−−−−−−−−−−−−−−

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください