注染め浴衣と大日本市。

 娘たちのことが恋しくなりはじめる3日目ですが、気合を入れ直してお江戸へ。
 目的は2つ。まずは毎年のことながら染め上がったばかりの注染め浴衣の買い付け。instagramにアップされている写真をもとにおよその狙いは定めた上で伺ったのですが、良い方にもそうでない方にも、やはり自分の目で見ると印象が違うことがあります。今回も2〜3点は入れ替わりました。けど、4月の染め上がりが待ち遠しいばかりです。
 続いては、「アタラシイものづくりと出会う三日間」と題して中川政七商店と元気な産地ブランドたちが集う合同展示会『大日本市』へ。僕は一昨年9月以来ひさしぶりに足を運びましたが、履き物、手ぬぐい、扇子、パンツ、ギフト商材など新たな御縁が生まれ、唐津のみなさまとの縁結びができるようにさっさと取引を始めるのです。
 元気な産地を生かすも殺すも僕たちの腕(口)にかかっている。ノダ。

追伸
本日も「きとる!」と連絡あり。

◉2月のきもの成績
若女将4vs4若旦那

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください