型絵染めの小紋。

 毎度きもの姿が素敵なお客様が、足袋をお買い求めに御来店。
 先日お召になっていたウールのコートも素敵でしたが、本日は型絵染めがお洒落な道中着を。これ、まったく手に取らない僕には縁遠い柄。そう、お洒落な型絵染めで装幀された本たちなんです。なんてお洒落。お仕事柄、その下にはポリエステルの半衿やきものをお召しになっているのですが、それぞれ見栄えが良くなってしまうほど。これは嫌味ではなく、本当に。
 「年末は本当に忙しくって足袋を洗う暇がない上に洗っても乾かないでしょ、だからもう一足!それから洗えるきもの(ポリエステル)をもう一枚誂えます!」と、そんなつもりで褒めたつもりじゃあなかったんですけど、ゴッホン。えっへん。
 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください