待望の一枚!

 今年は例年に比べると、浴衣の出足が少々早い印象があります。
 そんな中、今季最初のご来店時にお目当の一反を見つけられて以来、「これに間違いない!けどもう少し考えてみよ」っとお帰りになってはまたご来店。「まだ他人様の元へ嫁いでませんね」と確認してはまた持ち越し。きっと気になっていらっしゃりながらも今ひとつ決め手に何かが欠けているんだろーなーと、彼女らしくない慎重なお買い物振りを若女将と静観したのであります。「絶対にお似合いになる!」と半ば強引にお勧めして結果的に喜んでいただけることもあれば、慎重になりすぎて喜んでいただく機会を逃してしまっている、なーんてこのあたりの匙加減が販売接客における最も重要な、そして楽しくやりがいのあるところ。ということで今回は静観を選択。
 すると子供たちの運動会に出動していて僕も若女将も不在な本日、ふたたびご来店になってあっさりと。昨日の閉店間際に浴衣をご覧になった方もこれがお気に入りだったのですが、決めずに帰られた翌日のこと。良いもの良い柄はお早めに!
 これだから商いは飽きないんです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください