下駄のお色直し。

 「やきもん祭りに来て、まず『はきもん祭り』に来てみました!」なんて聞いたら嬉し過ぎて涙しか出ません。おかげさまで連日大賑わいの唐津はきもん祭りも残すところ3日。
 本日も下駄草履に、もんぺ浴衣にお楽しみ頂きました。そんな中で最も印象的だったのが、朝一番にご来店頂いたお客様。インターネットでお求めになった飛騨春慶塗の歯下駄。小粋に挿げられていた真っ赤な鼻緒が「痛くて履けないんです。替えるならどれがよか〜?」といつもの軽快なリズムで次々と台に鼻緒を乗っけては替えられるお客様。「これかな〜。ばってんこれもよかな〜」と珍しく悩んでおられるかと思ったら、一息吸って「うん!これにする!じゃ!お願いね!」と決まると見事、綺麗な去り際。改めて見てみると薄い灰色に真田紐のかかったような粋な鼻緒。つぼの臙脂で艶つけて、まだ挿げてもないのにカランカラン。お色直しは大成功!けどまだ仮挿げ。次回ご来店時に履き心地を試して頂いてから仕上げの紐綴じ。
 さあさあ、祝賀奉曳まであと2日。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください