8ヶ月ぶりの京都出張2日目。

有限会社フクオカ機業

 今回の京都出張で最も楽しみにしていた、礼装用の帯を織られている西陣のフクオカ機業さんへ。
 この秋に向けて池田屋というか聡と優子好みの色柄で帯を織ってもらう相談に伺いました。フクオカさんの帯は以前から好きで京都の取引先を通じて仕入れてはすぐに嫁いでいたのですが、この度御縁があって織元へ直接伺う運びに。まずは現在織り上がっている作品を新しいものから定番品まで拝見し、相変わらず魅力的でした。そして最も驚いたのは、帯に加えて魅惑的だった着尺(きもの用の反物)はおろか、いまどきのSDGsな取り組みとしてペットボトルから製糸した糸を用いた生地や炭素繊維を用いたカーボンファイバーで織られた生地を製織し、ホテルのインテリア材や鞄をはじめ、ゴルフシャフトや釣竿、自転車などのスポーツ業界などにも市場を広げられていたこと。加えて60歳を超えても若造と言われる西陣において機場に立つ職人さんたちが本当に若いということ。今回撮影した作品や機場の様子や発注して織り上がった帯も含めて機会を見てご覧に入れますので乞うご期待下さい!
 お昼ごはんを挟み、近頃は働き方何ちゃらとか持続化何ちゃらとか言って取引先の閉店する17時まで6軒ほど渡り歩きました。いやぁ、フクオカさんはよかった。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください