お宮詣りのきものを誂える。

お宮詣りのきものを誂える

 先日、鮮やかな黄色に染まったばかりの表地に合わせて、長襦袢と重ねる袖の生地を選んで頂きました。
 白生地と染める色を新米お父さんとお母さん候補生が選ばれたので、今回は新米おばあちゃん候補生の出番。と思いきや、「実は今日が出産予定日で待機していたので、本人たちも連れてきました」と今回もお父さんんとお母さんのお好みを最優先にされる懐の広さに感激。すくすくと真っ直ぐに育つことからお子様には縁起の良い麻の葉模様の織られた白生地をご覧になっていましたが、「女の子だし、」と黄と朱でほんのり暈した紋意匠の生地を長襦袢に。袖布は鱗や絞りや瓢箪など縁起物をご覧になっていましたが、最後の最後に先日仕入れたてほやっほやの柳鼠(灰みがかった優しい緑)地に小梅が染められた生地に。表の鮮やかな黄色が主役といったところでしょうか。身頃になる部分だけ裁断をして、背中にひとつ、可愛らしい家紋を入れてもらっています。それが上がって来たらすぐに仕立てへ取りかからんとす。
 いずれにしましても、ご家族皆さんで選ばれたきものをお召しになる姫君は本当に幸せ者です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください