久々の箪笥の整理は48点!

久々の箪笥の整理は48点!

 お客様のご紹介で御縁を頂き伺った先は、ご依頼主のご親戚のお宅。
 永らくお茶とお花の道を歩まれていらっしゃっただけあって、きもののみならずご自宅の中には工芸品や書籍がずらり。すでに数日間をかけて整理をされていたきものたちは、1階と2階にある桐箪笥の前に畳紙に包まれたものが100点以上はありました。事前に整理されていただけあって、不要なもの、取っておきたいもの、生地として活用したいもの、きものとして着たいものなどに分けられていました。その中でカビやシミがあってどうにもならないものや寸法が合わないものなどを含めて受け継ぐ価値のあるものなのかを提案しながらさらに仕分けていきました。ここ数年は手付かずだったみたいなのですが、奇跡的にカビやシミがひどいものは少なく、しかも質がよくてお洒落なものばかりでした。そうしてお手入れにお預かりして来た点数は48点!
 数が多いので、まずは写真を撮ってアルバムにまとめてから1枚ずつ確認しながらお手入れを進めることになりました。この整理が100点満点に近づけるかどうかは僕の手にかかっているのです。そして1枚でも多くお召しになって頂いた時が100点満点と相成ります。ふぅ、

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください