松の内は白足袋で。

江戸小紋「御召十」に縮緬無地の紋付羽織

 心身ともにたっぷり養生した三日間の正月休みでを挟んで久しぶりの開店。
 年神様が宿ると言われる松飾りは今日まで、ということで松の内。つまりお正月も今日まで。と、ということで今日まで白足袋を履いて店頭に立ちました。袖を通したのは、あまり変わり映えのしない江戸小紋御召十」に縮緬地の無地紋付羽織
 そんな松の内最終日は続々と御来店が続き、しかもきものをお召しになって御来店のお客様もいらして嬉しいばっかり。そして明日はいよいよ唐津市の一部の地域で成人式が挙行されます。正月休み中も予習に予習を重ねていた帯結びにさらに熱がこもって予習を繰り返している若女将を楽にさせてやろうにもできないもどかしさは毎年のこと。
 明日は着付をお手伝いする新成人のみなさまが素晴らしい1日になるように精一杯頑張ります!若女将が、、、
 

追伸
ちなみに正月休み中も嬉しいことに、男性おふたりと女性おひとりの着付をお手伝いしました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください