衿と袖口の汚れ、

 シーズンオフになって久しい袷のきもの2枚と羽織の合計3枚をお預かりしました。
 最初にお誂え頂いた御召羽織は何度もお召しになった姿を拝見したことのある、もはやトレードマークとなった一式(写真真ん中と右)。もう一枚の御召は、欲しそうにされている情報を聞きつけた奥様が、こっそりお誕生日プレゼントに買って上げられた記念の一枚(写真左)。前者の一式は数年前に一度お手入れでお預かりして以来ふたたび、後者の一枚は初めてお預かりしました。いずれも拝見すると、衿も袖口もそれはそれは皮脂汚れがひと目で分かるほど。3枚ともパールトーン加工を施していたので、20年保証の無料アフターサービスの範囲内できれいさっぱりになることを祈るばっかり。
 長らく放っておくと変色してしまいますので、どちら様もお早めにご相談ください。

パールトーン加工について
https://kimono365.jp/?page_id=12402

◉池田屋呉服店のオンラインショップへ!今すぐクリック!
https://kimono365.stores.jp

−−−−−−−−−−−−−−−−
6月のきもの成績
若女将16vs17若旦那
−−−−−−−−−−−−−−−−
△5月/26vs26
−−−−−−−−−−−−−−−−
○4月/27vs28
−−−−−−−−−−−−−−−−
△3月/29vs29
−−−−−−−−−−−−−−−−
◉2月/27vs26
−−−−−−−−−−−−−−−−
◉1月/27vs11
−−−−−−−−−−−−−−−−

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください