父へ、母へ、はきもん祭り最終日。

母の日とお誕生日のダブルプレゼントに烏表の下駄。

 はきもん祭り最終日は昨日同様に午前中は静かな立ち上がりを見せましたが、おかげさまで午後からは途切れることなく御来店が続きました。
 午後一番は、つい先日「洗い替えに夏物がもう一枚欲しい」とおっしゃっていた尊敬する大先輩。一昨年にお買い上げ頂いたのが藍鼠色の無地でしたので、今回は明るい象牙色を、帯は博多で。
 続いては「義母のお誕生日祝い母の日を合わせて、今年は下駄をプレゼントしたい!」と烏表の下駄を手に取られた素敵なお嫁さん。御主人様と相談されて写真の鼻緒を合わせられました。かと思うと、親子(母娘)で御来店されてまずは念願の岩佐の草履をオーダー頂いた後に、お母様に胡麻竹の下駄をプレゼントされる素敵なお嬢様が現れたり、相変わらずの小物3点大バーゲンは大好評で次から次にご来店のお客様が選んでいかれました。7日間の合計が30セット、つまり30名様に喜んで頂いたことになります。そのうちのおひとりは、有松絞りの浴衣に目が止まり炎がメラメラ、明日と明後日の休み明けに再び御来店頂くことに。すると今度はお嬢様お二人に浴衣を誂えてあげたいとおっしゃるお母様が下見に御来店。こちらも今週末にお嬢様たちと再びのご予定。
 そんな中、「お父さんの還暦祝いに下駄をプレゼントしたい!」と大学生のお嬢ちゃん。とお母さん(奥様)。焼桐の下駄に小さな格子の鼻緒を合わせられました。「還暦祝いですから、先ツボを赤いのにするのはどうですか?」と提案すると、「それがいい!」と乗ってきてくださって。僕がお父さんだったら絶対に泣きますよ(涙)。そうそう、最後の最後にはお手入れでお預かりしていた黒紋付を受け取りに来られたお客様が、以前から相談されていた桐箪笥を御注文されました。
 たいへんな世の中ですが、連休中は本当にたくさんのお客様に奇遇にも適度な間隔を空けて御来店頂き、とても楽しく充実した時間を過ごすことができました。御来店のみなさまも、グッと堪えて遠くから指をくわえてご覧になっていたみなさまも、本当にありがとうございました。
 明日と明後日は休みを頂きますが、それが明けたらいよいよ夏に向けてお洒落を楽しめるように益々商いに精進いたします。引き続き宜しくお願い申し上げます。

お父様への還暦祝いに焼桐の下駄。
お父様への還暦祝いに焼桐の下駄。

《令和3年》
きもので過ごす365人を応援宣言!
−−−−−−−−−−−−−−−−
5月の実績 3名様
着付サービス2名様(男0女2)
着付レッスン1名様(男1女0)
−−−−−−−−−−−−−−−−
5/1 1名様(着1名様:レ0名様)
5/2 1名様(着0名様:レ1名様)
5/3 0名様(着0名様:レ0名様)
5/4 1名様(着1名様:レ0名様)
5/5 0名様(着0名様:レ0名様)

−−−−−−−−−−−−−−−−
4月の実績 39名様
着付サービス36名様(男0女36)
着付レッスン3名様(男0女3)
−−−−−−−−−−−−−−−−
3月の実績 44名様
着付サービス42名様(男1女41)
着付レッスン2名様(男0女2)
−−−−−−−−−−−−−−−−
2月の実績 8名様
着付サービス2名様(男0女2)
着付レッスン5名様(男2女3)
半衿付けレッスン1名様(男0女1)
−−−−−−−−−−−−−−−−
1月の実績 38名様
着付サービス34名様(男4女30)
着付レッスン4名様(男0女4)
−−−−−−−−−−−−−−−−

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください