200年に一度の御縁。

 なんて御縁を記念して、はじめての箔入り名刺をつくってみました。
 度々申し上げておりますが、唐津神社秋季例大祭「唐津くんちの曳山行事」の一番曳山である刀町の赤獅子が、今年で生誕と申しますか奉納と申しますか、目出度く二百年という大きな大きな節目を迎えます。そんな年に赤獅子を運営する(刀町の若衆で構成する)刀朋会の取締を拝命いたしました。
 我が町では年功序列式に二年毎に役員が入れ替わるので、順番が回ってくれば誰だって取締を拝命できるのですが、その順番が今年回ってくるところに素晴らしい御縁があるなぁとしみじみ。我が町の先人たちが町の融和と発展を願いつつ一念を発起して誕生させた大人の玩具を、二百年も変わることなく守り続けてこられた先輩たちへの感謝の念とともに、次世代の子供たちに守り受け継ぐ責務を有り難く背負う覚悟はできています。ので、つくってみました。
 渡す機会があるかどーか。無論、200枚限定です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください