若女将×若旦那

 現在、25×9で若女将の勝利が確定している今月のスコア。
 今年のはじめから営業日は欠かさずきものに袖を通している若女将。子育て奮闘中で一時休戦していましたが、油断している隙に大量リードを奪われてしまいました。相変わらず子育てに家事にも忙しくさせているのでいつまで続くのだろーかと横目で見ていましたが、いざきものを着始めると、「やっぱり呉服屋さんはきもの姿が一番よ!」「私もきもの着たいなぁ」「見るだけで幸せになります」「(もはや商店街の象徴的な)半袖より似合ってる!」など心くすぐる街の応援団の声にすっかり酔いしれた様子。
 本日は少々派手目な地色のおくんち小紋。唐津くんちの14台の曳山をイメージした紋章のまわりに虹の松原の松葉を散らした江戸小紋は、15年ほど前に型紙を掘って貰って染め出した池田屋オリジナル。羽二重の帯は遠い昔に福岡市内で料理屋を営んでいた親類から女将が頂いていたものを譲り受けて。それだけ時間が経っているのに無事だったのが不思議な白地に墨描きの若竹がお洒落。鏡ごしに映る僕は、祖父代わりだった大叔父から譲り受けた結城紬の無地に、誂えたのにちっとも袖を通さないから奪い取った社長の羽織を。スパッツとタートルネックセーターの上に。
 一月は負け越しが決まりましたが、2月から巻き返します!大晦日のスコアを乞うご期待。

毎日毎日降り続く雨に、先日新調した下駄の初おろしは延期中。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください