第6回まんま寄席『桂南光独演会』

 おかげさまで今年も大入満員で、抱腹絶倒のうちに幕を閉じました。
 いろんな想いが重なって平成16年に立ち上げた唐津はこのまんまde委員会!?が席主となって開催するまんま寄席は、今年で6回目を数え、近年はクリスマスコンサートともに委員会の2本柱となりました。いずれのイベントも毎回お客様に集まって頂くのに気を揉みに揉むのですが、おかげさまで今回も満席の御予約を頂き、満を持して南光師匠に高座に上がって頂きました。出囃子とともに師匠が登壇されると大きな拍手が湧き上がるのですが、ひとたび話が始まるとお座敷と廊下を隔てる襖を震わすほどの笑い声がこだましたところで、準備を重ねてきた僕は腰が抜けるほどの安堵感に襲われるのです。そして無事にふた席を終え、「デテケデテケ、テンデンバラバラ」と追い出しの太鼓とともにお客様がお帰りになると湧き上がってくる満足感と達成感が、僕をさらに成長させてくれます。
 終演後にはさっそく師匠が手帳を手にされて、来年の第7回まんま寄席が4月26日(日)に決定しました!ご来場頂いたお客様をはじめ、南光師匠や米朝事務所の皆様はもちろん、僕と師匠を繋いでくれたWMKエージェンシーのみなさん、素晴らしいおもてなしの洋々閣様、手伝ってくれるスタッフあってのまんま寄席。いつも素晴らしい御縁が僕を支えてくれていて、まさに!こんなに有難いことはありません。もうひとつ心配していたお天道様のご機嫌も麗しく、これも僕の人徳か、、、なーんちゃって。
 そうそう。今回は浴衣や木綿など、きもの姿が多くて嬉しかったでっす!また来年!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください