きものde寄席

笑いと涙のひとときを、唐津が誇る老舗旅館で。

 昨年までは春(4月)に開催されていたまんま寄席ですが、今年は秋の入り口、縁起の良い重陽(菊)の節句に開催されることになりました。
 1年目の「ちりとてちん」、2年目は米朝師匠を偲ぶ「百年目」、3年目の「火焔太鼓」。4年目の昨年は「時そば」と並び商人さえ考えせられてしまう詐欺師噺の傑作「壺算」と、今は亡き枝雀師匠が「寝床」の結末に落ちをつけずに大混乱のまま浄瑠璃の会を閉じてしまうことから改題された「素人浄瑠璃」と南光師匠の十八番とも言うべき名作の数々。春から秋に季節を移して挑まれる5年目はどんな笑いと涙が待っているのか、腹筋を鍛えて涙腺を弛めて待つことにしませう。
 さらに!毎年お客様に大好評のまんま寄席限定のお食事&ご宿泊プランが、みなさまのココロとカラダまで満足させてくれます。例年早々にお食事プランは満席となり、10日前にはチケットも完売しております。
 いずれもお早めのご予約を!
 


[日 時]平成30年9月9日(
     13:00開場/14:00開演
[会 場]洋々閣/大広間金波楼
[木戸銭]3,500円/全席自由
*お食事またはご宿泊をご予約のお客様には、座席を優先案内。
*未就学児のお申込み及びご入場はできません。
[申/問]唐津はこのまんまde委員会!?
[席 主]唐津はこのまんまde委員会!?
[協 力]洋々閣、WMKエージェンシー


[まんま寄席限定 お食事プラン]*要予約

洋々閣で舌鼓を打った後に寄席を楽しむ
 南光御膳『菊の薫り』…3,500円(税込)

[まんま寄席限定 ご宿泊プラン]*要予約

落語の後にはお部屋でゆったり
かの洋々閣に格安で一泊朝食付き
 1人一部屋…15,120円/人
 2人一部屋…12,960円/人
 3人一部屋…10,800円/人
 4人一部屋…8,640円/人
 *小学生以上1名様分/税込
 *このプランにはご夕食がついておりません。ご希望の方は事前にお申し込み下さい。

詳細はこちら↓↓↓
第5回まんま寄席『桂南光独演会』|唐津はこのまんまde委員会!?|
http://tetote.jp/?p=252