お手入れ

他社の商品でも大歓迎!お気軽にご相談ください。

 カビや変色からきものを守る一番の方法は「お召しになること」。ですが、お召しになると汗や皮脂、雨や食べこぼし等のシミをつけてしまうのが世の常。大切なきものにとってもお客様の懐にとっても、一日も早いお手入れが肝心要です。
 弊社でお求め頂いた商品はもちろん、他社でお求めになった商品でもお気軽にご相談ください。


◎シミ抜き

 シミは1カ所につき加工料が1,500円ほどかかり、最短でも1週間ほどお預かりします。しかしながら程度によって加工料やお預かりする日数が大きく異なりますので、まずはお客様に見積もりを提示し、ご予算やご希望に応じて了解を得た上で加工を進めますのでご安心ください。


◎丸洗い

 きものや長襦袢、帯などを、仕立上がったまま専用の溶剤で油性の汚れを落とします。
 大きなドラムに放り込むドライクリーニングとは異なり、まずはきものを広げた状態で溶剤に浸し、特に汚れの目立ちそうな衿や袖口などを中心に職人がブラシを片手に一枚ずつ手洗い。続いて専用の洗濯機で再び全体を洗い流します。ハンガーにかけて2〜3日風を通して匂いや溶剤を抜いた後に、風合いを損なわないように気をつけながらアイロンで仕上げをします。
 洗い、アイロンともに職人の素晴らしい技術でお客様の大切なきものたちをお手入れするのに、お預かりしてから最短でも約10日ほどを要します。
01maruarai


◎洗い張り

 仕立て上がったきものや長襦袢を解いて繋ぎ合わせて(解き端縫い)反物の状態にしたものを、縮みを抑えるために板に張って水洗いをして水性の汚れを落とします。
 溶剤を使う丸洗いだけでは落ちない汗汚れなどの水性汚れが落ちると同時に、水をくぐらせることで新品同様にふんわりとした絹本来の風合いを取り戻します。当然のことながら、お召しになるには改めてお仕立てが必要となります。そのほか染め替えや全体にわたって寸法を直す場合には、洗い張りをオススメします。
 解き端縫い、洗い、アイロンともに職人の素晴らしい技術でお客様の大切なきものたちをお手入れするのに、お預かりしてから最短でも約20日ほどを要します。
02araihari


◎アイロン名人のプレス

 いざ着ようと思って畳紙を開けてみるとシワだらけ。きれいに畳んでしまっていたつもりでも、久々に再会したきものには見事な畳みシワが…。だからといって自分で(特に袷のきものに)アイロンをかけるのはちょっと心配、なんてことありませんか?
 弊社が誇るアイロン名人に任せてもらえば、心配な縫い代やキセの部分はもちろんご自宅のアイロンでは伸ばしきれない頑固なシワも、長年の経験と勘による引っ張りながら浮かせながら技法でふっくらと見事な風合いの仕上がりです。お預かりしてから最短でも7日ほどを要します。
03press


パールトーン加工(撥水加工)

 大切なきものを水性の汚れから守る撥水加工の代表選手。絹本来の光沢や風合い、通気性を損なわずに高い撥水効果はもちろん、タンスに保管中のカビ発生防止にも高い効果を発揮します。
 また加工済みのきものや帯は、お召しになった後の簡単な衿汚れや袖口の汚れを無料でお手入れしてくれる、安心のアフターサービス20年保証付き。全国のパールトーン加工取扱店に持ち込めば、そのお店でお買上げになったものに限らず承ってくれることも安心の特典。お預かりしてから最短でも7日ほどを要します。
㈱パールトーンのホームページ → http://www.pearltone.com/pearltone_pro.html
04pearltone