廣瀬雄一が染める江戸小紋。

 本日開幕した、廣瀬雄一くんの江戸小紋展。
 江戸小紋に焦点を当てた企画展はこれまでも幾度となく開催して参りましたが、実際に自分の手で染める職人を迎えるのは初めての試み。型紙のこと、生地のこと、染料のこと、染めのことなど、江戸小紋を取り巻く昔話から現在の状況まで詳しいお話を現場の声として本人から直接聞きながら反物をご覧頂くと、また違った角度から江戸小紋への愛情が湧いてくるのではないでしょうか。今回は板場(染める風景)を再現したり、現役を退いた伊勢型紙、江戸小紋ができるまでの映像も準備しました。
 この3日間に是非とも足をお運びください。

追伸
廣瀬うまれではありませんが、僕も江戸小紋を着てお待ちしています。

黒紋付以外で唯一の垂れもの(やわらかいきもの)。江戸小紋「御召十」

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください