染め替えた羽織に、

 先日お預かりした真っ赤っかな道行コート。
 「私が若い頃に母が誂えてくれたんですが、道行コートなんて着ることがないから、できることなら色を染め替えて羽織に仕立て替えたい」とのご相談。そもそもお客様の寸法からすると裄がまったく足りてなかったこのコート、さっそく袖付けを解いて縫い代がどのくらいあるかを調べてみると、ぎりぎりぎっちょんで合格圏内。続いてすべてを解いて羽織への仕立て替えを算段。2尺4寸というご希望の丈もなんとかできそうなので、洗い張りと深い深い藍色に染め替えへ。
 そして羽織のもうひとつの楽しみは、裏地選び。七宝柄と変わり唐草を選ばれていたのですが、浮世絵をご覧になった途端に「これ!」と商談成立。
 深い深い藍色から浮かび上がる地模様の表地、ちらっと垣間見える浮世絵。次は羽織紐を探さねば、

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください