結び熨斗の襦袢。

 お嬢様に色無地を誂えてくださったお客様。
 誂えられた時には「娘も滅多に着ることはないし、私と兼用で着るから」と、あまりお体格の変わらない母娘様ということもあって、お母様の長襦袢の寸法に合わせて仕立てる予定でした。が、「成人式の振袖以来、娘のために誂えてあげるから長襦袢も合わせて誂えます!」とお嬢様専用の長襦袢を一枚。お嬢様っぽく淡くて甘い色柄もご覧に入れたのですが、真っ白に飴玉にも見える結び熨斗が可愛らしくって清楚な一枚に。お一人目のお嬢ちゃんに続いて、お二人目をご懐妊中のおめでた続き。これからお生まれになってすぐのお宮参りや七五三詣り、幼稚園や学校行事などお子様が主役で一歩控えた立場での機会に活躍せずにはいられない色無地と袋帯。
 と、その前に一度くらいお母様が袖を通されてもいいんじゃないかと。なんだったらこの長襦袢も。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください