古着屋で買った訪問着。

 「まだ若い頃、きもの種類も寸法のことも何も知らずに見た目だけで買ったんですけど、気に入っているのでどうにかして私の何かになりませんか?」とお客様からお預かりした一枚は、如何ともし難い古着屋育ち。
 小紋のような、訪問着のような、全体にある桜の花にところどころ刺繍が施してあるんですけど、上前や胸など主だったところだけかと思いきや、手に取ると、生地は弱っていて、丈(長さ)も巾もお客様の寸法には程遠く、、、あぁどうしましょ。ひとまずお預かりして検討委員会を立ち上げて、後日その経過報告をお客様にお伝えすることで合意。
 せめて羽織か、なごや帯か、、、何とかしてあげたい。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください