振袖のち色留袖。

 来春、成人式を控えていらっしゃるお孫さんの振袖がご要望だったのに、どうしたものか、そのお母様の色留袖に。
 弊社としては、お客様に喜んで頂けるのであれば振袖でも色留袖でも、例え小物でもお手入れでもご要望は大歓迎なのです。というわけで様々広げてご覧に入れた中から、初めは淡いベージュに松が堂々とした一枚を羽織って見られました。「いいわね!」とみなさん楽しそうな笑顔。続いて薄いピンク地に小さな花柄の一枚。最後にお召しになったのが写真の誰が袖模様に若松の一枚でした。「長く着られそうだし、控え目だし、やっぱりこれがいいみたい。」と帯と長襦袢とともに満場一致。さらにはお誂えになる予定だった振袖の代わりにお召しになる振袖一式をお持ち込みになって、小物あれこれを御注文頂いたところで楽しい色留袖の会はおしまい。「ヒップを測ったら大きな声で発表して!」とのおふざけに大笑い。この日は色留袖の会にはじまり、着付教室、留袖の着付のお手伝い、唐津くんちの衣装のお客様が続々、〆に七五三のお客様とシャッターを閉じるまで大賑わいの一日。
 明日もこんな一日だったら良いのに、、、と誰かの袖を引っ張ってみようかな。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください