誂えの色無地。

 8月末の東京出張の折に誂えを承っていた色無地が、共色の八掛とともに染め上がってきました。
 「見本生地の桜色よりに、ほんのり灰色を加えて」とぼんやり依頼していたにも関わらず、(写真ではうまく色が出せていませんが)想像していたよりもうんと素敵な色に染め上がって来ました。もちろんお客様にもよくお似合いになるに違いありません。ご要望通り、これから八掛とともにパールトーン加工(京都)へと旅立ちます。台風が通り過ぎた頃に無事に戻ってきたら、ご指定の日にちに神奈川県川崎市へ。
 次はこの紋意匠ちりめんの無地に合う綴織りの帯を探さねば。つづく、

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください