お洒落よ永遠に、

 「親戚のおばちゃんから頂いたのですが、、、」と、いかにも手で描かれたお洒落な帯。
 手にすると、かなり永い眠りから解き放たれたであろう強烈なカビ臭さ。と、近頃の帯からすると短くて普通に結べる長さがないことが判明。それを合点承知の助左衛門で持ち込まれたお客様から「それでも紬や小紋に合わせて結びたいから、洗い張りをして、結んだ見えない部分で布を継いで長く仕立てて欲しい」とのこと。そりゃあこのゆるぎないお洒落さを見逃すわけにはいきませんし、容易い御用ですから預かりましたわいな。
 しかしまぁ、古臭さなんて微塵も感じないお洒落さってのは永遠なんですね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください