薔薇が似合う男。

 今日からいよいよ10月。今夜から笛、鉦、太鼓の音色が夜風に乗って唐津の街に響き渡ります。
 そんな10月初日にも、唐津くんちの長法被を仕立てて欲しいと綺麗な顔立ちの唐津っ子が。そう言えば昨日、夜の街で顔を合わせたような合わせてないような、、、なんてことはさておき、裏地を次々と転がしていくと、、、「これが良いです」と目に止まったのは、白地に細いローズ色の線描きが艶やかな薔薇の一枚。もちろん女性用として仕入れていた裏生地だったのですが、きっと彼なら着こなしてくれるはず。
 待っているのはバラ色の珍生、いや人生。もとい、おくんち。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください