ミシン目を解く。

 仕立て上がった長法被の「裏地だけを交換(付け替え)したい」とのご要望。
 裏地の色柄を決めてもらったまでは、と言いますかオリジナルで誂えてもらったまでは良かったのですが、いざ長法被をお預かりすると細かい細かいミシンで幾重にも縫われているため、解くのが大変なのです。できるだけミシン目を大きく広げないようにリッパーを使って丁寧に解いて行くのですが、表地と裏地と合わせて縫い糸も木綿ですから、糸の滑りが悪いので尚更のこと糸がなかなか抜けないので大変。納期が迫っているので急いでかつ丁寧に解くのでおかげさまで指先が、、、解くこと前提なら手縫いが一番!
 しかし写真の新橋色の無地からガラリと色柄を替えた彼。仕立て上がったら町の方の評判が楽しみで仕方ない。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください