唐津撫子への階段。

 突如、長女が若女将に浴衣の帯結びレッスンを所望。
 動機付けは幾つか思いつきますが、最大の理由は15日(土)に開催予定の花火大会を皮切りに始まる夏に向けて、同級生の才女が若女将レッスン!を受講し始めたこと。「勉強では敵わないけど、浴衣の着付だけは負けられない!」と、少しは暖簾に誇りを持っていてくれたことに親としては嬉しい限り。手前味噌ですが、勉強では今一歩な集中力なのに帯結びとなるとスイッチが入ったようで、、、誰に似たのか、いわゆるひとつの体育会系ということでしょうか。なかなかの手つき。さらに負けず嫌いが隣で伊達〆を結んで見せるあたりは、二女のプライドか。
 来週には近くの高校からの依頼で若女将レッスン!この夏、唐津に撫子の花が咲き誇ります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください