消防団夏季訓練。

 いよいよ今年も、俺たちの夏が開幕!
 今年は7月15日(日)に開催される唐津市消防操法大会。それに向けた我が内町分団の夏季訓練が始まりました。これから大会当日まで週3回、直前は毎晩、仕事を終えた後の家族団欒や趣味などに没頭したい大切な時間を我慢して訓練に臨みます。訓練には消防操法(ポンプ車操法または小型可搬ポンプ操法)訓練と小隊訓練の2つの訓練形式があります。消防操法は現場に到着してから2つの放水口からホースをそれぞれ2本ずつを伸ばし放水するまで速さと正確さを競います。対して小隊訓練は(右向け右、回れ右など)諸制式を熟練させ、厳正な規律を身につけ、部隊行動を確実軽快にすることで団結を強固にして団の統制力を高めます。いずれも現場で怪我をしないために必要な技術や精神を高める訓練で、地域の安全と安心を守る上で大切な活動です。ともすれば「ただキツイだけの無駄な時間を過ごす」ことになってしまいがちですが、我が内町分団は互いを尊重ならびに協力しあって訓練に臨み、さらには消防操法大会で上位入賞を目指しています。
 なんてことを防災活動のほかにも頑張っている我々の活動が、地域の皆様に少しでも御理解と応援頂けると嬉しい限りです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

This site uses Akismet to reduce spam. Learn how your comment data is processed.