お手入れ12枚。

 久しぶりのShall we たんす?(箪笥の整理)。
 梅雨入り後でさっそく朝から蒸し暑い本日、「三階の倉庫にある箪笥も見て欲しい」とのご依頼に完全武装で向かいました。到着すると、破れかぶれの畳紙に包まれたきものや帯が山積みにされていました。1点ずつ拝見すると、10数枚のウールのきもの、羽織、羽織、羽織、羽織、羽織、黒紋付、大島紬、大島紬、小紋、長襦袢と羽織の多さに驚き。続いて覚悟の三階倉庫に立ち入りましたが、黒留袖と丸帯以外は特に見当たらず即退散。続いて一階にある奥の間へ。なんとこちらにも羽織が数枚ありましたが、お目当てだったおっしゃれ〜な単衣の紬2枚を探し当てました。
 そんな中から4人いらっしゃるお嬢様たちそれぞれがお召しになれるように、そのまま箪笥に戻すもの、12枚を預かって丸洗いをして活かすもの、洗い張りをして仕立て直すもの、シミや黄変でどうにもなりそうにない羽織は良いとこ取りをして帯に仕立て替えるもの、諦めて三階の倉庫に戻すもの(笑)に分けて落着。
 良いものはいつ見ても楽しくて嬉しい。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

This site uses Akismet to reduce spam. Learn how your comment data is processed.