男:女=1:2

 先日お預かりした結城縮。実はそのほかにも大島紬と小千谷紬の2反をお預かりしていました。
 結城縮のみが産地に里帰りをして地入れ、そのほかの2反は同じく生地の汚れを落としたり地の目を整える湯通し。に加えて永い眠りの間に侵入していたカビるんるんたちを落とす加工を。いずれもお湯をくぐらせただけあって、お預かりした時よりも柔らかくなって戻って来ました。ので、お客様にご覧に入れて男物に仕立てるなら通裏の生地と色を、女物なら胴裏と八掛の生地と色を決めてもらいました。ということで一番左の巾が広くて長さもあった1反のみ御主人様のきものに、結城縮を小千谷紬は奥様のものに。奥様の笑顔をご覧になって優しく下がった御主人様の目尻が印象的。
 僕の実家にも眠ってないかな、結城縮。若女将の口元が上がらないうちに、、、

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

This site uses Akismet to reduce spam. Learn how your comment data is processed.