GW明けたら麻襦袢!

 6月1日で衣替え!なんての今は昔。
 ゴールデンウィークが明けたら、まずは長襦袢を麻に衣替え。さすがにまだ朝夕肌寒い日があるので、きものや帯まで絽や紗など着心地も見た目にも涼感のありすぎるものを着るわけにはいきません。とは言え汗ばむ陽気に対抗するには、表向きには見えない長襦袢を麻や絽や紗などで調整するのが最適。顔に最も近い衿元も、まだ絽や麻をつけずに塩瀬の色ものを。麻の長襦袢には絽や紋紗もありますが、僕はさらりとして肌あたりの柔らかい平織が好みです。
 万が一汗をかいても、水洗いをすればシワも汚れもスッキリ爽やか。なのが麻のすヽめ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください