待望の浴衣1号!

 唐津神社春季例大祭と唐津やきもん祭りの来場者で、久々に賑わう我が商店街。とともに弊社の浴衣シーズンが開幕。
 そんな中、昨年末以来ひっさしぶりにご家族で御来店のお客様のもとへ、入荷して間もない今年の新作浴衣がさっそくのお嫁入り。白地に大輪の菊が花咲く一枚(写真下)と、灰色地に亀甲文様を染め抜いた中に菊を染めた一枚のどちらにしようか迷われたのですが、「今持っている浴衣が濃いめの色」というのと、お気に入りの博多織紗献上の半巾帯と銀がキラリと輝く三分紐やクリアな瓢箪の帯留との総合得点、何よりもお母様の助言が功を奏してこちらに。さらにはどさくさに紛れて「私ならこれがいい!」と絣のワンピースを滑り込みでゲットされるあたりは俊足巧打(?)のお母様。
 「わたし、もうすぐお誕生日」との先取先制に、「早く帰るぞ!」とか何とかおっしゃりながら伝家の宝刀クレジットカードをズバッと投げ込まれたお父様の見事なセーブでゲームセット。お仕立て上がりをお楽しみに!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください