染め上がった浴衣たち。

 今月はじめに染めを依頼していた注染めの浴衣たちが、予定していたGW明けをはるかに前倒しで染め上がって来ました!
 先日の第一弾に続き、今年の夏を彩る反物たち。見本通りとは言え、反物になって来ると一層素敵に見えてしまいます。このほかにも麻のまち近江生まれの綿麻、下駄や帯なども続々と上がって来ていますので、どちら様も恨みっこなしの早い者勝ちでお出掛けください!大和撫子、日本男児なら、熟練の職人が染めた反物をご自身の寸法に合わせて仕立て上がった浴衣を着るべし!
 暑さも置いてけぼりにしてしまうお洒落な浴衣で、日本の夏をたしなみませう!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください