春は木綿日和。

 春の陽気に誘われて、朝からお茶の稽古に出かけました。
 バイクにまたがると、さすがにまだ風は肌寒く感じるのですが心地良く暁を覚えてしまいます(笑)。以前もアップしたことのあるこの真岡木綿は少々肉厚な生地のため、朝夕が肌寒い頃には最適な一枚です。ということで、「木綿のきもの」という1つのカテゴリーの中でも糸の太さや硬さなどによって着心地が違うので、お召しになる季節を変えて楽しむことができます。
 足元は、やっぱりキャンバスのスニーカーがおすすめでっす。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください