縦積厳禁!

 はるばる東京にお住いのお客様からお預かりしたきもの一式。
 とある式典にご出席されてシミをつけないようにと最新の注意を払われていた矢先、逸品物の訪問着にお隣さんが生クリームたっぷりのケーキをポロポロ、ポロリ。慌てて電話をかけて来られたので、「シミのある箇所には何も手を加えずに、他のところにシミが移らないようにティッシュやビニールを挟んですぐに送って下さい!」と提案した2日後には長襦袢と袋帯とともに僕の手元に届きました。封を切ると、確かに生クリームの脂の跡がたっぷり。汗シミも少し見られたので、訪問着は丸洗いとシミ抜き、長襦袢は丸洗い、袋帯はしばらく風を通して様子を見てシミが無ければプレスのみ。心配していた生クリームもキレイさっぱりなくなっていたので、早速運送会社に託しました。お手入れ後のきものたちを発送するのに最も気をつけるのは、箱の中できものが動いてシワにならないようにすること。と、箱のどの面が上を向いているかということ。残念ながら運送会社の縦積厳禁シールは色も柄も今一歩なので、わかりやすいことを最優先に考えました。
 無事に伝票を張った面を上にしてお客様にお届けできますように。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください