卒業歓迎茶会。

 本日は、所属する茶道裏千家淡交会唐津支部青年部でお世話になった先輩方を感謝の気持ちで見送りつつ、新しく仲間になった後輩たちを歓迎する茶会。
 当然のことながら桜の花は散ってしまい葉桜となっていましたが、お天道様が満面の笑みで一昨日の雨も昨日の寒さも吹き飛ばしてお祝いしてくれました。卒業茶会は卒業される3名の先輩方のみの席で、愛に溢れた道具組みと部長による点前で精一杯のおもてなしを。続けてお招きした歓迎茶会は、お茶席が初めてという新入会員にも気楽に楽しめるように、4人の新入会員と3人の卒業会員を3つのテーブル(ということで椅子席)に分けて現会員が点前と後見の2人で迎えて雑談をしながらお菓子とお茶でもてなすという趣向に。特に歓迎茶会でのお菓子は、現会員お手製の練り切り。卒業、新入、現会員を3色で表し、末長いお付き合いを祈って、その名も『千代の友』。お茶もお菓子も美味しく和気藹々と楽しい席、その後の点心(お食事)でさらに和を広げました。
 午後1時の席入りから宴は夜まで続き、家路に着いたのは午前様。あの、、、ぼく、、、下戸です。

追伸
卒業茶席の茶杓にカエルが乗ってました。ゲコッ、
足袋の左足親指が破れていました。ズコッ、

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です