黒の振袖と赤の襦袢。

 振袖と襦袢がお手入れで嬉しい里帰りをしました。
 ご長女の成人式に合わせてお誂えになったのですが、このほど卒業式でこの振袖に袴を合わせてお召しになったそうです。黒地に白い絞りだけで若松の柄を染めた粋な振袖と、その振りから覗く長襦袢の艶やかな紅。黒と白、黒と紅のコントラストがたまらなく色っぽいんです。「特に汗もかいてませんし、汚したつもりもありません」とおっしゃっていましたが、いよいよ来春には妹さんの成人式を控えていらっしゃるので、念のために丸洗いをおすすめしました。
 里帰り、絶賛募集中でっす!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください