こだわりの仕立て。

 2週間ほど前に染め上がってきた色無地
 預けていた仕立て屋さんから無事に仕立て上がって戻ってまいりました。いつも丁寧に仕立てをしてくださる仕立て屋さんですが、もう本当に毎度ながら、恐れ入谷の鬼子母神もびっくりの仕上がり。細部に至るまで丁寧な針目ですが、特に写真の裾をご覧ください!地の目を通して(織られた横糸に沿ってピシャーッと折り返されて)縫われています。こうなっていなければならないとか、こうなっているから着心地がいいとかいうことは決してありませんが、この際立つ几帳面さはただただ見ているだけで技術の高さを物語ってくれるのです。
 こだわるかこだわらないかは、気持ちひとつ。と併せ持つ技術。のふたつ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です