真っ白な帯。

 と見せかけて、、、
 「若〜い頃に買って久しぶりに箪笥から引っ張り出しました」とお預かりしたのは、オフホワイトな羽二重地に真っ赤な御所車の染められた帯。孫みたいに可愛がられているお知り合いのお嬢ちゃんがきものを着るのが好きなのだそうで、「着てくれるなら上げようと思うんだけど、その前に一度お手入れを」と拝見すると、全体の至る所にうっすらと黄変が。いや待てよ、もしや、、、とポロポロと切れやすくなったいた縫い糸を解いてみると、、、やっぱりか(写真下)。
 帯芯にカビが発生していて、しかも結構な深刻さ。中にはカビるんるんの魔の手が表地にまで伸びている箇所も。あまりの深刻さに、このまま洗ってもどうにもこうにもなりませんので、一度すべてを解いて洗い、帯芯を入れ替えて仕立て直すことになりました。
 せめてもの救いは、結んだ時に表にでるところに変色がなかったこと。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください