優等生だったはずの、、、

 お坊っちゃまの卒園式を前に、友人が久々の若女将レッスン!
 若女将曰く「前回お召しになった時には、そばで見ているだけで大丈夫だったと思うんですけど、、、」というほどの腕前まで上達されていたのですが、しばらくお稽古を休まれていたり、まったくお召しになっていなかったことが「次は腰紐か、コーリンベルトか、伊達〆か、、、」と手つきを鈍らせてしまった模様。しかーも!帯を忘れて来られるという大失態には「小学生の頃は忘れ物なんてしたことなかったですけど、、、」とコメントに困ってしまうコメント付き。これはちょうどいい!と、きものの着方のみの集中レッスン再開。長襦袢の袂が振りから顔を出しているのはご愛嬌で。
 今夜はしっかり復習をして、次回のレッスンにはさぞ帯結びの予習をしてから臨まれることでしょうね。

◉毎月7日と8日はお手入れ日和

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

This site uses Akismet to reduce spam. Learn how your comment data is processed.