色無地を染め替える。

 「もう私には色が派手になっちゃって、、、」とのご相談が後を絶ちません。
 本日のお客様は、長らく茶道の道で活躍なさったお父様やお母様のきものの中から、お嬢様ご本人のきものに寸法を直して仕立て替えたり、シミ抜きをしたりと多数お預かりしました。中でも、お稽古をはじめられた茶道で最も活躍してくれそうな色無地を、洗い張り後に明るさの著しい珊瑚色を一度抜染(脱色)、落ち着いた藤袴色に染め替えることに。家紋は染め抜きで。特にシミや痛みもない胴裏はそのままに、八掛は表地と同色に染めて。仕上げにパールトーン加工も含めて全部で95,000円(税別)。
 こうして一枚ずつ蘇らせてご家族の想いとともに活躍させることは、この業界にいる僕にとっての責務の一つ。そしてまた新しい帯をお買い上げ頂いたり。でへっ、

追伸
もともと染まっていた色が派手になることはありませんのでご注意下さい。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください