白い長襦袢。

 大決算市明けで後片付けもままならない本日。
 反物や什器がまだ整理できていない中にも関わらず、お約束通り長襦袢を見に来て下さいました。「若い頃にとても気に入って買った白い長襦袢が黄ばんできて」と、今秋に予定されているご長男の御結婚式に合わせて、黒留袖の下にお召しになる白い長襦袢を新調されることに。先日も一度ご覧に入れたのですがお気に召す柄がなく、大きめの柄がお好みだったのでピンときたのが振袖用の長襦袢!を取り寄せると、それはそれは大きな柄ばかり。その中から最も大きな梅の柄の長襦袢(写真)に決定。さすがに振袖用のものは可愛らしい色が挿されているので、染める前の白い生地を新たに。半衿は織りで光沢と少しの金糸が織り込まれたほんのり豪華に。
 またしても御家族の大切な節目に立ち会える慶びが増えました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください