お母様の小紋。

 若女将レッスン!優等生ペアがふたたび。
 もういくつ寝るとやって来るお正月をきもので過ごそうと熱のこもったレッスン、それもお二人とも(涙)。お一人は先日誂えて頂いた木綿で、もうお一人はご自宅に眠っていたウールで。のついでに持ち込まれたのは、これまたご自宅に眠っていたお母様の小紋。一枚は無地にも見えるうっすらと霞の中に浮かぶ雲、もう一枚は綺麗な縹色に小花の小紋。身丈も短く身巾も狭く裄も短く、お客様にとってはひと回り小さい印象ですが、身丈と身巾はなんとか着方でごまかすとして、せめて裄だけは、、、と袖付を解いて裄を出すことに。
 お正月に間に合わないのが残念ですが、2月に予定している食事会には是非とも!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

This site uses Akismet to reduce spam. Learn how your comment data is processed.