テッパン付け下げ!

 またしても付け下げ!という嬉しい誤算。
 博多織の帯を楽しみに御来店頂いたお客様。実は先日、ご友人と「やっぱり無地と付け下げが活躍するのよねぇと話したばっかりだったのよねぇ」と、博多織に辿り着く前に目に飛び込んできた付け下げたちの前で立ち止まられていました。付け下げにしては柄がたくさんあって豪華なものや独創的なもの、地色の濃いものなど色柄は様々。そんな中から「一番の活躍の場はお茶席」と2枚のうちのどちらかで最後まで迷われていましたが、透明感のある淡い黄色地に控えめな七宝唐草模様の一枚に決まりました。八掛は裾色よりも少し濃い色に別染めすることに。
 「帯はまた別の機会に、」とさすがに博多織のなごや帯を合わせるわけには行かず、頼みの佐賀錦も今回揃えた帯の色が優しすぎてコーディネートに締まりがなく、、、楽しみは仕立て上り後に。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

This site uses Akismet to reduce spam. Learn how your comment data is processed.