大島紬、あの浴衣に合う帯探し。

 昨日御来店のお客様がふたたび、しかもこんなに寒い中にも関わらず。
 午前中のお1人目は、短い間だったのですが弊社の着付教室に通われた御年配のお客様。年明けに静岡県にお住いのご家族の元へお引越しをされることになり、近く着付教室のみなさんと食事会をすることに。そこで若さの秘訣!お洒落ごころに火がつき、「大島紬に新しい半巾帯を結んで行こうかしら、」と大島紬の端裂とともに昨日に続いて。
 午後のお2人目は、数年前に誂えられた浴衣に合わせる半巾帯を。前日に博多織3本と沖縄のミンサー織を1本の4本の中でどれにするか迷われていました。僕は浴衣の色柄を憶えていましたが、「浴衣の上に乗せて選んでみては?」と本日端裂とともに。そして即決!今年の新作アラベスク模様に。
 今日はこのほかにも2階の展示場に上がって来られた途端に「あっ!これ!」とほかの作品にはひと目もくれずにモノクロで粋ななごや帯を即決されたお客様をはじめ、たくさんのお客様に博多織を楽しんで頂きました。企画展に御来店頂くだけでも嬉しいのに、何度も御来店頂くとなお嬉しくなります。
 ご自宅の箪笥に眠っていませんか?博多織の合う小紋や紬たち。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください