小紋の洗い張り。

 このところはお手入れ日和ならぬお手入れ続き。
 本日は、年明けのお食事会でお召しになるきもののコーディネートのご相談でお客様宅へと伺いましたら、「本当は母から譲り受けたこの小紋を着たかったんですけど、」と色とりどりの細い縞が粋な一枚。寸法も大丈夫そうですし、お似合いになりそうですし、この一枚に決めようとしたその時!袂からチラリと見え胴裏地が白じゃない、、、

と、広げてみると、、、

 「けど次こそ着たいから洗い張りをして胴裏を新しいのに仕立て替えてください!」とお預かり。改めて広げて見てみると、、、酷い。これは湿気が原因からなる変色なのですが、現在の新しい胴裏地はこうなりにくいように特別な加工が施してあります。
 が、みなさまも今一度ご確認下さい。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

This site uses Akismet to reduce spam. Learn how your comment data is processed.