派手赤の別珍足袋。

 待ちに待った本日。
 これまで若女将レッスン!で一生懸命にお稽古を重ねてこられたお客様が、いよいよご自分でお召しになって日本料理の会へ!と、その前に若女将チェックを受けに御来店。前回の若女将レッスン!にもご自分でお召しになって来られたのですが、今回はさらに上手になっていらっしゃいました。そして足元は、先日お誂え頂いた派手赤の別珍足袋。思われていた以上のあったかさと可愛さに、「違う色でもう一足誂えよっかなーと思っています」と嬉しいひと言。
 僕たちよりもよっぽど嬉しそうな笑顔でお迎えに来られたのはご主人様。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

This site uses Akismet to reduce spam. Learn how your comment data is processed.