丸ぐけの羽織紐。

 紅葉が色づき始めた今日この頃、羽織が手放せなくなりました。
 そりゃそうでしょーね、もう11月も半ば。写真の羽織紐は、かれこれ20年ほど前に自分の給料で初めてきものと羽織を手に入れた時に、しっくりくるのがなくて丸ぐけの帯〆から作ったもの。正確には当時のお洒落上司から「池田くんは器用だからこんなので作ってみたらどう?」とおだてられて。ちょうど良い長さに切って、ちょうど良い柔らかさになるように芯を抜き、乳に通せるように端を輪にして糸で止めて。
 うぐいす地に桜の花びらがひらりひらりと染められているのはご愛嬌で。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です