パーティー行かなあかんねん、その2。

 パーティーにご出席のお客様の着付のお手伝いをしました。
 大相撲九州場所を前に、唐津市内に部屋を構えられた元大関・琴欧洲の鳴戸親方。九州場所の行われる福岡国際センターまでは車で小一時間の距離ですが、我が町唐津を選ばれたことは大いに光栄なこと。その部屋開きのパーティーが本日行われるということで、「何の御縁かそのパーティーに出席することになったので、きものを着せて下さい」とご相談頂いたのが一昨日のこと。お客様の箪笥の中を想像しつつ、、、せっかくなら、、、と鳴戸親方の目を引こうとひらめいたのがこの帯〆、もどき。
 みなさん、此れが何を意味するか分かります?

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

This site uses Akismet to reduce spam. Learn how your comment data is processed.